新着情報

お知らせ2020.05.23
「皇帝アナナス」の開花が確認されました

10年に1度しか咲かないと言われる
「皇帝アナナス」の開花が確認されました。

花は伸びた花茎から穂状に咲き、6月いっぱいは楽しめる見込みです。
・開花予想 6月いっぱい予定
・場  所 水上楽園 めぐりあいの湖近く

※5月26日(火)13:00撮影

・皇帝アナナス
・学名: Alcantarea imperialis
・科名:パイナップル科
・分布:ブラジル

ブラジル固有のパイナップル科の植物で、パイナップル科のなかでも最大級を誇ります。現地では、花序(複数の花の集団)の高さ5m、花の数は 500 個にも及ぶと言われています。
標高1,200~2,000 m 、高山の岩壁といった大変過酷な環境に生育している 植物で、多数の葉の間に大量の水を貯めることができ、過酷な地で暮らす他の生物にとっても重要な資源となります。開花までには10 年を要し、開花後に親株は枯れてしまう特徴があります。緑葉と赤葉があるが、写真の赤葉である皇帝アナナスに花が咲くのは珍しいと言われています。

 

※2020年5月13日撮影

TOPへ

TOPへ

お問合せ
  • 園内の利用
  • 観る
  • 体験する
  • 学ぶ
  • 食べる・買う
  • イベント
  • アクセス
  • 団体の方へ